公的な中小企業支援施策のうち、お金をもらえる「補助金」は大変魅力的なものです。
ただ、補助金申請に必要な申請書(=事業計画)を作るのは大変手間がかかります。
といっても、補助金の趣旨は「自力で頑張る事業者をサポートする」ことですので、自分で作成しても十分に採択を勝ち取ることは十分に可能です。

当社では補助金申請のお手伝いも行っておりますが、そのノウハウを事業者様にもお伝えします。申請書作成のノウハウを凝縮したセミナーです。
(なお、同業種の方の受講はご遠慮いただいておりますので、申込いただいても受付しません)

セミナー内容

・2月2日(木) 16:00~17:30 オンラインで開催します。
・参加費 28,490円(消費税込)
→お申込後、請求書をメール送信しますので、事前にお支払いください。

※「当日参加」または「後日、録画参加」ができます。
申込フォームの中でどちらか選んでください。
録画参加については、当日のオンラインでお伝えした動画を視聴できます。

キャンセル料: ~4日前:50%
3日前〜前日:80%
当日:100%(ご連絡なく不参加の場合も含みます)
※当日不参加の方には、後日、録画したものを見られるようにします。

セミナーの趣旨

補助金については、当方もそうですが、申請書作成を行っている事業者が多数存在します。
ただ、本来の趣旨は「事業者が自分で作成する」のが原則ですし、自分で作成して採択されたという事業者も多数あります。

当方がそうなのですが、申請書作成を請け負うと「ほぼ丸投げ」に近い状態になり、2回ほどのヒアリングで申請書を作成し、今後の数値計画については不明な点も多々あるのが実情です。事業計画は本来は今後の道しるべになるものですので、計画を作成する時点で想定できることをきちんと作るべきですし、計画通りに進まなかった際の「プランB」についても考えておくべきです。

そこで、補助金申請に必要な考え方のレクチャーとひな形の提供を行い、事業者様にご自身で補助金申請いただくためのセミナーを企画しました。セミナーで大枠を押さえたら、どういうことを記載すれば良いのかが分かります。数値計画のところは顧問税理士様にアドバイスをいただくことができたら十分に作れるかと思います。

なお、セミナーを視聴いただいて、その後に「個別コンサルティング」で添削することは可能です。

セミナーでお伝えする内容

1.通年で公募している補助金の説明
小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金、事業再構築補助金(※)
※事業再構築補助金については、新年度から補助金の内容が少し変わりますが、申請書に求められる内容は変わりません。

2.準備事項

3.申請書に記載すること

4.採択の際に意識すること

このセミナーを通じて、申請書に求められていることをつかんでいただければ幸いです。

※日程の都合がつかない方はマンツーマンの個別コンサルティングもいたします。
より効果的にレクチャーすることができます。

セミナーの開催方式

オンライン(ZOOM)で開催します。

→セミナーは質疑応答部分を除いて録画させていただきます。

パソコン、タブレット、スマホで参加可能です。

※参加者の方のアカウント登録は必要ありません。こちら側でセキュリティ面は最大限対策しております。

※詳細な接続方法は、入金完了メールにてお知らせします。

※当日参加の方は、チャットにてセミナー後に質問ができます。

※参加者側のネットのトラブル、予定変更等やむを得ない事情でセミナーに参加できない場合は、録画をご利用いただくことをご了承ください。

 

お申込の流れ

1 下記の「申込はこちら」から、お名前、メールアドレス等の入力をお願いいたします。

2 当方で確認しましたら、請求書をメールで送信します。

3 お支払いを確認後、正式な受付完了メールをお送りします。メールに記載されているURLリンクから当日ご参加ください。(当日、無連絡で参加されなかった場合は録画を案内します)

申込はこちら