「家業」の後継ぎに向け、儲からない家業を儲かる事業に発展させるための支援を行います。

家業としてこれまで行ってきたお仕事を、事業として発展させるために、経営者として考えておかなくてはならないことを一緒に考え、従業員や取引先を巻き込んで行動していけるよう、後継ぎの「右腕」となってサポートします。

後継ぎ支援で求められていること

「後継ぎ」は、事業を引き継ぐ人を指す言葉ですが、経営者の地位を「世襲」するという意味も込められています。世襲は権力争いが無いという点では良いのですが、後を継ぐ人が克服しなくてはならない点もあります。

・後を継いで、どのように経営していくのか

→一般的に「家業」と言われる規模の仕事の場合、創業者である父親が地盤を築いて、そのまま何十年と仕事をしてきたケースが多いです。ただ、創業者が事業から退く以上、後継者が新たな方向性示していく必要があります。

・家業の将来像が見えない

→家業として創業者が立ち上げた時期とは違い、市場は少子高齢化で先が見えず、インターネットの活用などで商売の流れも変わってきています。今後どのような商売をしていくのが良いのか十分考え、対策していく必要があります。

・経営者として必要なことが分からない

→経営者の多くは、創業してから大変な苦労をしてきています。経営者の子息というだけで経営を引き継いでしまうと、どこかで苦労します。従業員の時に考えていたことと経営者として考えることは違うものだと認識して行動する必要があります。

 

その他にも、「古い従業員から受け入れてもらえるか分からない」「後を継いでも、周りに相談できる人がいない」など、後継ぎには様々な悩みがあります。

支援の進め方

後継ぎの悩みは尽きませんが、結局のところ、創業社長と同じ気持ちで、「これからの道筋を切り開いていく」ことが求められます。

・後を継いで、どういう経営をしていくのかを決める

・事業を取り巻く現状を整理する

・今後の方針を決め、数値目標を決める

・それを可能にするための「打ち手」を検討し、従業員を巻き込んで行動していく

→方針、現状分析、今後の方針、打ち手については「事業計画」という成果物になります。

コンサルティング内容

○基本パッケージ

今後の計画づくりと具体的な行動をサポートします。単に考えを整理していくのではなく、どうしてそういうことを考える必要があるのかをレクチャーしながら進めていきます。上から押し付けても効力のない計画になりますので、宿題形式で1つずつ掘り下げて考えてもらいながら、進めていきます。

○段階的なオプション

後継者として、対応していかなくてはならない課題について、テーマを決めて支援します。

例えば・・・

・社内のシステム整備

・経営者の方針を共有するためのコミュニケーション促進

・数値管理を可能にする仕組みづくり

・商品・サービスの磨き上げ

・財務諸表の読み方、経営管理への活かし方など

 

ご依頼までの流れ

・ご相談申し込み

→お問い合わせフォームよりご連絡ください。電話をご希望であれば、お話いただいてから折り返しご連絡させていただきます。

・無料ご相談

→近隣であれば対面、それ以外の地域であればweb会議システムで1時間程度の無料相談を実施しています。ご相談者様のご希望や現状を確認させていただきます。

・サポートプランのご提案

ご相談の結果、サポートを希望される方にはサポート内容およびお見積りをご提案します。

・契約書締結

条件確認の上、契約書を締結します。ご要望があれば、秘密保持契約書も一緒に締結します。

・サポート開始

ご契約後、契約内容に基づき、サポートさせていただきます。

料金の例(金額は税別)

・基本パッケージ(3か月、6回程度指導) 60万円

・オプションサービス(期間や回数などは応相談) 月1回10万円程度

※マニュアル作成など、具体的な書面作成については、作業量に応じた費用を請求します。

100ページのマニュアル→マニュアル基本設計50万+ページ1万程度