店舗ビジネスは単独で黒字の店舗を作ることができたら、その後は2号店、3号店と作るのが目標になります。

直営展開以外にもFC(フランチャイズ)や従業員への「のれん分け」を活用する所も増えていますが、初期設計や留意点を踏まえて進めないと、後々トラブルになります。

店舗拡大だけでなく、トラブルに強い多店舗展開を支援します

このようなお悩みはありませんか?

「今勢いがあるビジネスを一気に拡大したい」

「フランチャイズ展開を検討しているが、手順が分からない」

「店長クラスの退職が相次いでいて、組織の求心力を高めたい」

「フランチャイズ化と直営展開のどちらが良いか検討したい」

多店舗展開支援の必要性

マクドナルドやセブンイレブンなど、誰もが知っている店舗の特徴は、店舗が多く、どこの店舗に行っても同様のサービスが受けられるという特徴があります。それは、フランチャイズシステムを活用し、加盟店オーナーの資金や人材を活用し、共通する名称の店舗を広げていったからです。すべて自前で店舗を展開しようとすると、店長クラスの人材の育成や店舗開業資金という問題を解決する必要があるのですが、フランチャイズでは契約によって、同一名称・オペレーションでの運営を義務付けるため、直営店・加盟店の区別なく、消費者には「流行っているチェーン店」として認識されていきます。

その一方で、本部の方針に従わない加盟店が出てくるなど、少なくないトラブルが発生する仕組みでもあります。

当社では、「トラブル回避」を念頭に、フランチャイズを活用して多店舗展開を検討する事業者様に深く入ってサポートさせて頂きます。

多店舗展開支援で提供できること

フランチャイズ本部構築

フランチャイズは社外のビジネスパートナーである加盟店オーナー、その従業員に対し、社内で蓄積したノウハウを元にした「ビジネスのやり方」を指導し、ビジネスが軌道に乗った後も監督していきます。それに加えて、新規の加盟店を集める営業も同時に行っていきます。そのため、加盟店開発(営業)、加盟店とのフランチャイズ契約締結(法務)、加盟店向けの研修、開業の指導(SV)を行っていくための本部機能を初期の段階から構築していくことが必要になります。

→例えば、フランチャイズ展開を相談いただいた事業者に対しては、フランチャイズ展開の型になる「プロトタイプ店」を検討し、その開業プロセスをパターン化、直営店の従業員育成ノウハウをマニュアル化、トラブル回避を念頭に追いた契約書作成、加盟店開発に向けたツール作成と営業活動をサポートします。

 

のれん分け

のれん分けは店舗の従業員への譲渡です。譲渡自体は店舗の価値を算出して、従業員が納得すればその金額で契約すれば良いのですが、のれん分け店舗の位置づけを契約書で明記しておかないと後々トラブルになることが多々あります。

→例えば、長く貢献してきた店長の次のキャリアプランとして「のれん分け経営者」になることを促し、将来的に自分で経営していけるよう育成していくことで、幹部従業員の将来的なオプションを一つ増やすことができます。独立後は、やった分だけ自分の収入になることから、会社員の時以上に頑張って、チェーン全体を引っ張っていく繁盛店舗になりました。

 

直営展開

チェーン店の中には、スターバックスコーヒーやサイゼリヤなど、敢えてフランチャイズ展開を行わずに、自らの企業理念を大事にしている事業者もあります。フランチャイズとして営業を認めるということは、契約で縛れる部分と縛れない部分が出てきます。また、長期的には本部と加盟店の利害が対立することが避けられないという判断も成り立ちます。いろいろな要素を検討した上で直営展開するという意思決定をするためにも、さまざまなオプションをシミュレーションすることや、違った形で外部の支援を受けること等を助言します。

→例えば、フランチャイズ展開しても、一度開業してしまえば「継続的な指導」が必要無くなってくるビジネスがあります。その場合は、独立支援後ゆるやかな統制を行うケースや、最初から直営展開を検討して足りない資金や人材を外部に求めるケースなどが考えられます。

 

多店舗展開支援のメリット

フランチャイズ展開やその他の手法を用いた多店舗展開を最短ルートで進めることができます。

→最初にさまざまな進め方を検討し、方針を決めてから全体的にもれなくすすめていくことができます。

フランチャイズ展開に潜むリスクを把握し、リスクを最小限に抑えることができます

→フランチャイズでもめ事になる点を熟知していますので、予めもめ事を回避した形でフランチャイズ展開をすすめていくことができます。

従業員ののれん分け制度により組織を活性化させることができます

→会社に貢献してきた人材が客を連れて退職してしまうのではなく、加盟店経営者としてチェーンにとどまることでチェーンの更なる進歩に引き続き貢献してくれます。

直営展開に必要な資金調達や人材育成を計画的に行うことができます

支援の進め方

・ご相談申し込み

→お問い合わせフォームよりご連絡ください。電話をご希望であれば、お話いただいてから折り返しご連絡させていただきます。

・無料ご相談

→近隣であれば対面、それ以外の地域であればweb会議システムで1時間程度の無料相談を実施しています。ご相談者様のご希望や現状を確認させていただきます。

・サポートプランのご提案

ご相談の結果、サポートを希望される方にはサポート内容およびお見積りをご提案します。

・契約書締結

条件確認の上、契約書を締結します。ご要望があれば、秘密保持契約書も一緒に締結します。

・サポート開始

ご契約後、契約内容に基づき、サポートさせていただきます。

料金の例

・全体計画の作成 15万円

→計画作成のため、3回ほどの訪問指導を行います。

・計画作成後のプロジェクト推進 月15万円~(月2回訪問又はweb会議、1回2時間程度)

→計画を実行に移すためのプロジェクトを社内で発足いただき、プロジェクトの活動を推進する形で参加します。※プロジェクトの推進担当者を社内で選定いただきます。

・プロジェクトマネージャー(社外役員、SV)就任 月30万円~(月に4日程度)

→期間を限定して、プロジェクトの一員として社内に入り、プロジェクト推進の先頭に立ちます。人材育成に主眼を置き、社内で推進する人材を揃えた段階で退きます。